• Facebookページ
  • KESEMO MARINUS オフィシャルLINE
  • KESEMO MARINUS公式instagram

オメガ3脂肪酸とは?摂取量や摂取する方法について

オメガ3脂肪酸の摂取量の目安や摂取方法

健康維持のために、普段の食事では足りない栄養をサプリで補おうとお考えの方はいらっしゃいますか?
サプリには様々な種類が販売されており、それぞれ配合されている成分が異なります。種類豊富なサプリの中からどのサプリを選べばいいのかお悩みの方は、オメガ3脂肪酸が含まれるサプリをご検討ください。

オメガ3脂肪酸が健康にいいのは知ってはいるものの、どういったものなのかご存知でない方は多いでしょう。オメガ3脂肪酸とは、魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称を言います。
様々な研究により、オメガ3脂肪酸の健康パワーが認められていることから、注目を集めています。

こちらでは、オメガ3脂肪酸の摂取量の目安やオメガ3脂肪酸が含まれる食品、摂取方法をご紹介いたします。オメガ3脂肪酸が含まれるサプリの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

KESEMO MARINUS(ケセモマリナス)で販売する「気仙沼クリルオイル」は、三陸沖で捕獲されたツノナシオキアミから抽出したDHA・EPA(オメガ3)、アスタキサンチン、8-HEPEを豊富に含む天然由来成分サプリです。毎日の健康維持のサポートに、ぜひご活用ください。

オメガ3脂肪酸とは?摂取量について

サプリでよく見かけるオメガ3脂肪酸。健康維持に欠かせない成分としてよく知られていますが、どういった働きをするのかご存知ですか?こちらでは、オメガ3脂肪酸についてご紹介いたします。摂取量の目安についてもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

オメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とは

そもそも脂肪酸とは、他の様々な物質と結びつくことで脂質を形成する主な構成要素の一つです。脂質と聞くと悪いもの、太るというイメージを持ってしまいますが、脂質は3大栄養素の一つであり、私たちの体に必要不可欠な栄養素です。

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、そこからさらに様々な種類に分けられます。オメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸に属しており、体内で生成することができないため食品から摂取する必要があります。

細胞膜を構成している成分の一つであり、植物由来のα-リノレン酸、魚介由来のDHA、EPAの3つの種類に分けることができます。

α-リノレン酸

健康によい油の成分の一つで、体内のリン脂質にも含まれる成分です。α-リノレン酸はDHAやEPAのもととなる必須脂肪酸ですが、現代人の食生活では不足しがちな成分です。食品からα-リノレン酸をとる場合、しそ油や亜麻仁油などが代表としてあげられます。

DHA

ドコサヘキサエン酸の略称で、人間の脳や目の網膜の脂質成分です。脳に直接入って栄養素として機能できる数少ない物質で、脳に必須の栄養素です。

EPA

エイコサペンタエン酸の略称で、血液の流れや中性脂肪値にアプローチすることから、血管・血液の健康維持に重要な成分です。

これら3つの種類のオメガ3脂肪酸は、体内で様々な働きをします。
私たちの脳は、約65%が脂質でできています。そのため、脳の機能維持には良質な脂質の摂取が重要です。

また、私たちの体は数十兆個の小さな細胞からできていますが、この細胞一つひとつを大切に包む細胞膜をつくるには、脂質が欠かせません。
他にも、オメガ3脂肪酸は皮膚の健康維持をサポートします。オメガ3脂肪酸が不足すると皮膚が乾燥し、肌トラブルが起きやすくなるため、美容のためにも積極的に摂取したいものです。

「気仙沼クリルオイル」は、イワシ・サバなどから抽出されるトリグリセリド型DHA・EPAより体内へ吸収されやすいリン脂質型DHA・EPAを豊富に含んでいます。毎日の健康維持のサポートにぜひ「気仙沼クリルオイル」をお試しください。

オメガ3脂肪酸の摂取量の目安

カフェで食事をする女性

オメガ3脂肪酸は体内でつくることができないため、食品から摂取する必要があります。魚に多く含まれる成分ですが、現代の日本は食の欧米化により魚よりも肉を好んで食べる方が多く、魚の摂取量が減っています。

そのため、ほとんどの方は十分にオメガ3脂肪酸を摂取できていないという現状があります。オメガ3脂肪酸が不足すると健康維持に必要な栄養素が足りなくなるため、積極的に摂取しましょう。

厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、オメガ3脂肪酸の1日の摂取量の目安を、成人で1.6~2.2gとしています。

体にいいからとこの目安よりも多く摂りたいという方も多いかと思いますが、脂の一種のため摂り過ぎるとカロリー増加につながります。そのため、普段の食事にサプリを併用する場合には、過剰摂取にご注意ください。

また、疾病などで治療中の方や薬を常用されている方、妊娠中・授乳期の方は、サプリの摂取や摂取量について、かかりつけ医に確認することをおすすめいたします。

KESEMO MARINUS(ケセモマリナス)で販売する「気仙沼クリルオイル」は、三陸沖で捕獲し気仙沼で水揚げされたツノナシオキアミから抽出したDHA・EPA(オメガ3)、アスタキサンチン、8-HEPEを豊富に含んでいます。
純国産100%クリルオイルを植物由来のソフトカプセルに包んだ天然由来成分サプリですので、ぜひ通販からお買い求めください。

オメガ3脂肪酸を効率よく摂取する方法

オメガ3脂肪酸は、体内でつくることができない必須脂肪酸の一つです。そのため食品から摂取する必要があるのですが、どういった食品にオメガ3脂肪酸が含まれるのかご存知ない方も多いでしょう。
オメガ3脂肪酸と聞くと魚のイメージがありますが、魚以外にもオメガ3脂肪酸を含む食品は多くあります。こちらでは、オメガ3脂肪酸が含まれる食品や摂取方法についてご紹介いたします。

オメガ3脂肪酸が含まれる食品

油の入った皿

こちらでは、オメガ3脂肪酸が含まれる食品をご紹介いたします。

  • 亜麻仁油
  • なたね油
  • 大豆油
  • えごま油
  • くるみ
  • サバ
  • イワシ
  • ニシン
  • 天然サケ
  • ツナ缶(油漬け・フレーク・ホワイト)

他にも、オメガ3脂肪酸を含む食品は数多くあります。健康維持のためにオメガ3脂肪酸を摂取したいと思ったら、これらの食品を普段の食事に積極的に取り入れるよう意識しましょう。
厚生労働省が推奨する1.6~2.2gといった目安量を摂取するためには、えごま油約小さじ1杯、アジ(120g)約3匹分を摂取する必要があります。

「気仙沼クリルオイル」では、DHA・EPA(オメガ3)、アスタキサンチン、8-HEPEを一度に摂取できます。三陸沖で捕獲し気仙沼で水揚げされたツノナシオキアミのみを使用した純国産商品ですので、ぜひ通販からお買い求めください。

オメガ3脂肪酸のおすすめの摂取方法

壁に書かれたチェック

オメガ3脂肪酸は、熱に弱いという特徴があります。炒め物や揚げ物などで加熱してしまうと、含有量が減少してしまいます。より多くのオメガ3脂肪酸を摂取しようと思ったら、生の状態で取り入れることをおすすめいたします。
例えば、亜麻仁油、なたね油、大豆油、えごま油などは加熱調理に使用せず、味噌汁やサラダ、ヨーグルトなどにかけて食べるのがおすすめです。

くるみはそのままでも食べられますが、サラダのトッピングにしても美味しく食べることができます。
サバ、イワシなどの青魚類は、刺し身やカルパッチョなどにして食べましょう。

オメガ3脂肪酸は普段の食事で摂取するのが基本ですが、中には青魚が苦手、油の香りや舌触りが苦手という方もいらっしゃるでしょう。そういった方は、サプリで補うのもおすすめです。サプリであれば気軽に取り入れられますし、長く続けることができるでしょう。

KESEMO MARINUS(ケセモマリナス)で販売する「気仙沼クリルオイル」は、100%三陸沖産クリルオイルの天然由来成分サプリです。三陸沖で捕獲し気仙沼で水揚げされたツノナシオキアミに豊富に含まれるアスタキサンチンの働きにより、クリルオイルに含まれるDHA・EPA(オメガ3)を、鮮度を維持したままお届けできます。

オメガ3脂肪酸を含むサプリを販売するKESEMO MARINUS(ケセモマリナス)

オメガ3脂肪酸とは、魚油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称です。私たちの健康を支える成分であり、体内で生成することができない必須脂肪酸の一つのため、食品から摂取する必要があります。
厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、摂取量の目安を1.6~2.2gと定めています。

オメガ3脂肪酸を配合する食品として亜麻仁油やえごま油、くるみ、青魚などがありますが、オメガ3脂肪酸は熱に弱いという特徴があるため、加熱調理せずに生の状態で取り入れる必要があります。普段の食事での摂取が難しいという場合には、サプリで補うのもおすすめです。

オメガ3脂肪酸のサプリは、様々な種類が販売されています。配合されている原材料や成分などをきちんと確認し、自分に合ったサプリを選びましょう。

KESEMO MARINUS(ケセモマリナス)では、三陸沖で捕獲し気仙沼で水揚げされたツノナシオキアミから抽出したDHA・EPA(オメガ3)、アスタキサンチン、8-HEPEを含む、100%三陸沖産クリルオイルをソフトカプセルで包んだ天然由来成分サプリメント「気仙沼クリルオイル」を販売しています。

販売されているクリルオイルのほとんどが海外原料を使用しているのに対し、「気仙沼クリルオイル」は国産クリルオイルを使用しているのが特徴です。

イワシ・サバなどから抽出されるトリグリセリド型DHA・EPAより、体内へ吸収されやすいリン脂質型DHA・EPAが豊富に含まれているため、効率よく摂取することが可能です。
また、三陸沖産クリルオイルは従来の南極オキアミから抽出したクリルオイルとは異なり、8-HEPEを豊富に含んでいるのが特徴です。

8-HEPEは、ダイエッターサポートパワーがEPAより10倍高いと言われています。DHA・EPA(オメガ3)、アスタキサンチン、8-HEPEを一度にまとめて摂取できるのが「気仙沼クリルオイル」です。海と魚のプロが自信を持っておすすめする天然由来成分サプリを、ぜひ通販からお買い求めください。

「気仙沼クリルオイル」の2ヶ月毎の定期コースもご用意しており、2ヶ月毎に2袋セット10%OFFの10,692円でお届けいたします。いつでも一時停止、再開、お届けサイクルの変更、解約が可能ですので、ぜひ定期購入もご検討ください。

オメガ3脂肪酸のサプリならKESEMO MARINUS(ケセモマリナス)へ

社名 株式会社 KESEMO MARINUS(ケセモ マリナス)
所在地 〒988-0036 宮城県気仙沼市弁天町1丁目7−4
代表取締役 斎藤まゆみ
資本金 500万円
設立 2015.6.22
ミッション
  • ・気仙沼の素晴らしい原材料を活用した高品質な商品を提供する。
  • ・海のやさしさを受けた生き生きとした健康的な美を気仙沼から発信。
  • ・気仙沼に若者が働けるような事業を生み、新たな雇用を創出する。
主な事業内容 化粧品及び健康食品の企画、開発、製造、販売
電話番号 0120-665-604
Eメール info@kesemo-marinus.com
ウェブサイト https://kesemo-marinus.com/
取扱商品
  • ■化粧品
  • マリナスメークオフ(フカコラーゲン配合メーク落とし)
  • マリナスクレンジング&ウォッシュ(フカコラーゲン配合洗顔料)
  • マリナスミストa(フカコラーゲン化粧水)
  • マリナスジェルa(フカコラーゲン美容ジェル)
  • マリナスセラム(フカコラーゲン美容液)
  • マリナスクリーム(フカコラーゲン配合クリーム)
  • マリナスUVプロテクト50(フカコラーゲン配合日焼け止め)
  • ■健康食品
  • 気仙沼クリルオイルEPA&DHA+