カラダに、日の出を。
毎朝、起きたときに元気を感じる。
100%イサダオイルの天然サプリが
あなたの毎日の健康維持をサポートします。

海と魚のプロが自信を持ってオススメする港町生まれの天然サプリ「気仙沼クリルオイル」は、三陸沖で水揚げされたイサダから抽出したEPA/DHA(オメガ3)、アスタキサンチン、8-HEPEを含む100%イサダオイルをソフトカプセルで包んだ天然サプリメントです。
気仙沼水産資源活用研究会(統一ブランド名:kesemo)が専門家、研究者と協力して開発しました。 健康維持に欠かせない良質な成分で、気になる毎日の生活習慣と好バランスをサポートします。

純国産商品のアイコン

純国産商品

三陸で水揚げされた新鮮な純国産イサダのみを使用、100%イサダオイルを植物由来のソフトカプセルで包んだ安心・安全の天然サプリメントです。

吸収率が良いのアイコン

吸収率が良い

イワシ・サバなどから抽出されるトリグリセリド型EPA/DHAより体内への吸収性が高いと言われているリン脂質型EPA/DHAが豊富に含まれています。

毎日の元気にのアイコン

毎日の元気に

豊富に含まれるアスタキサンチンの働きにより、クリルオイルに含まれるEPA/DHAを魚油等に比べ鮮度を維持したままお届けできます。

なぜイサダに注目して開発したのか?

東日本大震災の後、イサダは原料としての需要減により供給過多、そして漁獲調整となり魚価が低迷しました。イサダ漁を辞めてしまう漁業者も多く、イサダの魚価向上は気仙沼の漁業の課題となっていました。
なんとかイサダに新しい付加価値を見出したいと考えた私たちは、専門家、研究者の方たちと一緒に調べていくうちに、イサダオイルに含まれる成分は青魚のDHA・EPAに比べ、体への吸収性が高いといわれ、研究者の間で注目の成分となっていることを知りました。ここからイサダオイルのサプリメント開発へのチャレンジがスタートしました。

2014年にイサダの成分調査・分析を行い有効成分があることが分かり、2015年から3年をかけてソフトカプセル化に成功、半年間の保存実験を経て2019年に完成しました。

イサダについて

イサダの写真

三陸沖で水揚げされる「ツノナシオキアミ」は、三陸地方では「イサダ」と呼ばれ、ホンエビ上目オキアミ目に属する甲殻類です。プランクトンの中でも体長3〜6cmと非常に大きく、EPA/DHAを多く含むことが知られています。

  • ツノナシオキアミ(学名:Euphausia pacifica、英名:Pacific Krill)商品名「気仙沼クリルオイル」の“クリル”とはオキアミの英名。

商品に込めた思い

イサダワーキンググループの記者発表の写真

「気仙沼の漁業の復興に貢献したい。」
という思いから生まれた商品

「未知の可能性を秘めた水産資源であるイサダを活用して商品を作り、気仙沼の漁業の復興に貢献したい。」という思いから生まれた商品です。
気仙沼は水産業が盛んということもあり魚食を好む土地柄で、高齢でも健康で足腰が丈夫な方が多い理由には、魚が大きく貢献していると言われています。
「気仙沼クリルオイル」は、気仙沼の豊かな海の恵みで、もっと健康に過ごしてもらいたい。という思いを込めてお届けします。

気仙沼水産資源活用研究会
イサダワーキンググループ

株式会社 足利本店
株式会社 阿部長商店
株式会社 カネダイ

国産イサダオイルをカプセルに

3年がかりで完成した思い入れのある商品

弊社で担当したソフトカプセルの皮膜には、動物性のゼラチン・魚のゼラチン・植物性のゼラチンの3種類があり、気仙沼クリルオイルでは全て試したうえで、一番安定性が高かった植物性皮膜を採用。
イサダオイルは吸収性が高い分、ソフトカプセルにも浸透してしまい、製造が困難を極めましたが、4度目のチャレンジで安定したソフトカプセル化を実現しました。

初めてお話しをいただいた当初は、まだ「国産イサダオイル」というものが一般に広く流通しておらず、弊社も初めて扱う原料だったため、私個人としても弊社の開発部としても今回の件で学んだことは多く、大変思い入れのある商品となりました。

三生医薬株式会社 宮原

ソフトカプセルの断面イメージの画像

※ 画像はイメージです。

おすすめのクリルオイル

EPA、DHA、アスタキサンチン、8-HEPEを
一度に摂取できるのは三陸産のクリルオイルだけ!

生工研山田さんの写真

(公財)岩手生物工学研究センター
生物資源研究部・主任研究員

山田 秀俊

海洋微生物が作ったEPA、DHA、アスタキサンチン、アミノ酸、糖などの栄養素はイサダを経由して生態系を循環します。イサダは海洋生態系の源(みなもと)となる生物種といえます。

また、三陸の海は世界的に貴重なイサダ(オキアミ)の漁場であり、そこで水揚げされるイサダから作った「気仙沼クリルオイル」はEPA、DHA、アスタキサンチン、8-HEPEを一度に摂取できるおすすめのクリルオイルです。

海洋生態系のイメージ画像

※ 画像はイメージです。

主な成分と特徴

リン脂質型EPA/DHA ※ 1
(オメガ3)
EPA/DHAは健康維持を支える必須脂肪酸。リン脂質は体内の脂質と構造が似ているため、従来の魚油由来製品に比べ吸収が良いと言われています。
アスタキサンチン
毎日を元気に過ごしたい方におすすめの成分。豊富に含まれるアスタキサンチンの働きでクリルオイルに含まれるEPA/DHAは魚油等に比べ新鮮さが保たれています。
8-HEPE ※ 2
イサダから見つかった新しい健康成分です。健康的なダイエットの実現におすすめの成分です。※ 3

これらの成分は、植物油や魚油には含まれないイサダオイルだけの成分です。
EPA、DHA、アスタキサンチン、8-HEPEを一度にまとめて摂取できるのは三陸産のクリルオイルだけです。

  • ※ 1 EPA…エイコサペンタエン酸/DHA…ドコサヘキサエン酸
  • ※ 2 8-HEPE…8-ヒドロキシエイコサペンタエン酸
  • ※ 3 ダイエットには適度な運動と食事管理が必要です。
4粒(1.56g)当たりの
主要成分配合量
DHA 109.36mg
EPA 173.44mg
アスタキサンチン 0.96mg
8-HEPE 1.80mg

気仙沼クリルオイル一粒の写真

海の恵を、ひとつぶに込めました。

気仙沼からもっと、健康を。

水産のまち・気仙沼

大島大橋の写真

気仙沼市は宮城県北東部に位置し、三陸沖の豊かな漁場と波穏やかな内湾に恵まれた気仙沼港は世界有数の漁港として知られ、古くから漁業・養殖業・水産加工業を生業とする"海と魚のプロたち"が集まり、水産のまちとして発展してきました。

気仙沼市の白地図

2011年の東日本大震災において、基幹産業である水産業を中心に、市内の約8割の事業所が津波により被災するなど、壊滅的な被害を受けました。
漁業を起点とした水産業は、気仙沼市の地域経済を支える幹となる産業であり、気仙沼市の震災復興に欠かせないものとなっています。
気仙沼市では水産業の更なる高度化、高付加価値化に向け、新たな産業を創出すべく、2013年11月に気仙沼水産資源活用研究会(ブランド名:kesemo(ケセモ))を立ち上げました。
気仙沼水産資源活用研究会の活動から、これまでの気仙沼にはなかったような新しい産業、若者が帰ってきて働きたくなるような高度で高収益な産業をつくることを目指しています。

気仙沼魚市場の写真

について

kesemoは、宮城県気仙沼市の水産関連企業30社以上が集い、気仙沼で採れる豊かな水産資源を用いながら、これまでにない高付加価値な加工品を提供する気仙沼水産資源活用研究会の統一ブランドです。

食品、調味料、化粧品、果てはペットフードまで、多岐にわたるジャンルの加工品に対して、水産関連企業の作り手それぞれが「もっと◯◯」という思いを込めて開発しています。

もっと、本物を。
もっと、美味しく。
もっと、綺麗に。
もっと、新しく。
もっと、健康を。

わたしたちは、気仙沼を、もっとあなたに届けたいと思っています。

商品詳細について

商品パッケージの写真

商品名 気仙沼クリルオイル
内容量 46.8g(390mg×120粒)
※1日4粒目安で約30日分
通常販売価格 5,970円(税込)
原材料 イサダオイル/加工デンプン、グリセリン、ゲル化剤(増粘多糖類)
主要成分 EPA、DHA、アスタキサンチン、8-HEPE
賞味期限 製造日より24カ月
お召し上がり方 1日3〜4粒を目安に水またはぬるま湯などでお召し上がりください。
ご使用上の注意
  • 原材料表示をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。※甲殻類にアレルギーのある方はご注意ください。
  • 体質に合わない場合は、お召し上がりの量を減らすか、または中止してください。
  • 疾病等で治療中の方、お薬を常用されている方、妊娠中・授乳期の方は、かかりつけの医師、薬剤師にご相談の上お召し上がりください。
  • オキアミ特有の香りがあります。
  • 食生活は、主食、主菜、副菜を中心に、食事のバランスを。
販売者 株式会社 KESEMO MARINUS
宮城県気仙沼市弁天町一丁目7-4
製造所 三生医薬 株式会社
静岡県富士市今泉花の木643-2
発売日 2020/1/6